遺品整理に最適な時期について。かかる期間はどれぐらい?

遺品整理を行うのに最適な時期についてご紹介します。

遺品整理に最適な時期は?

地域や宗派などによっても異なりますが、一般的に49日法要に合わせて行います。形見分けも49日法要に合わせて行われるのが一般的です。49日法要は親族が集まり皆の意見を聞ける貴重なタイミングなので、これに合わせて遺品整理と形見分けを行う様にしてください。

急ぐべきケース

相続税が発生する場合、申告期限内の10か月以内に、相続人全員が相続税の申告と納税を行う必要があります。 相続税は各相続人が取得した財産に対して算定されますので、申告期限までに相続人が遺産分割について話をまとめておかなければいけません。なので、資産の状況を正確に把握するためにも、早めに遺品整理を行うことが求められます。

相続税は相続した財産のプラスからマイナスのものを差し引いた金額から、基礎控除額を差し引いたお金にかかる税金です。基礎控除額は「3000万円+(600万円×法定相続人数)」の計算式になります。相続額が基礎控除額よりも低い場合には相続税は発生しません。

アパートや借家は故人の所有物ではありませんので、亡くなった後、家の中の遺品をすべて処分し、原状回復する必要があります。それが困難な場合、親族等が家賃を立て替えなければいけません。しかし、誰が立て替えるのかなどでもめることも多いので、後回しにしない方が良いでしょう。大家や管理会社に相談して時期を決め、早めに遺品整理を行う様にしましょう。

遺品の処遇については、相続人全員に権利があります。長男だからなどの理由で、勝手に遺品整理を行わない様にしましょう。場合によっては裁判沙汰になることもあるのでご注意ください。

遺品整理にかかる時間は、業者を利用するのか遺族だけで行うのかによって大きく異なります。また、故人の残したい品の量によっても違ってきます。もし遺族だけで行う場合、遺品の量にもよりますが、数日から1週間ぐらいかかります。特に、粗大ゴミやテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは処分に手続きが必要ですし、大きく重いものが多いので大変です。一方で、遺品整理業者なら丸1日もあれば片付けることができます。遺品整理業者は、一軒家を丸ごと片付けなければいけないときや、借家やアパートで素早く引き払わなければいけない場合などに利用するのがおすすめです。

遺品整理に時間がかかるケースは一軒家に独りで住んでいるケースです。遺品の数が多いので整理するのに時間がかかります。また、ゴミ屋敷も遺品整理に時間がかかります。特に一人暮らしの高齢者宅の場合、ゴミ屋敷課しているケースが多いので手間がかかります。

遺品整理にかかる時間を短縮するコツは、人手を確保することです。人一人分の遺品の量は膨大なので、一人や二人では遺品整理に時間がかかります。なので、親族や友人などにお願いして手伝ってもらいましょう。どうしても人を集められないようであれば、プロに依頼するのも良いでしょう。「遺品整理業者 大阪」「遺品整理業者 東京」「遺品整理業者 名古屋市」などでネットで調べてみましょう。