バックのクリーニングで料金が決まるポイントとは?

バックのクリーニングで料金を決める4つのポイント

クリーニング料金を決めるポイントはいくつかありますが、1つ目は「ブランド」です。お店によりますが、ブランドの商品価格によってクリーニング料金をランク別に設定しているお店が多いです。

2つ目の、料金を決めるポイントは、汚れなどの状態です。バックは使い方や保管方法によって傷や汚れのつき方が異なってきます。それによってクリーニングの作業内容やかかる時間が変わってきます。しみや汚れがひどい場合には、時間をかけて汚れを取る必要があるので、その分料金が上がる場合があります。

また、クリーニング料金を決めるポイントに、大きさがあります。バックには手のひらサイズのポーチから、ゴルフバッグなどの大きなものまでさまざまなサイズがあるので、その大きさによって料金を決めることがあります。

バックの素材は、革・合成皮革・ナイロン・ビニール・布などがありますが、素材によってクリーニング方法が異なります。使う洗剤やクリーニングの方法、手間が異なるので、それによってクリーニング料金も変わってきます。素材によっては見積もりを出してからクリーニングに取り掛かることが多いのが特徴です。

クリーニング店によって料金制度は異なりますが、バックの大きさによって料金が異なるタイプの店もあります。また、素材によって作業内容が異なるので、素材でも料金が変わります。多くのクリーニング店では、こちらのタイプの料金制度を導入しています。

クリーニング店によっては、一定の条件を満たしていれば基本料金のみでよい店があります。しかし、大きなシミや汚れがあったり、高級な革を使用している場合においては、追加料金がかかる場合が多いです。

バックの汚れはそれぞれ異なるので、作業に手間や時間がかかる場合はクリーニング料金が高額になる場合があります。お店によってはクリーニング料金は出来高制で、見積もりで料金を提示することがあります。

バックの商品価格によってクリーニング料金が変わる店もあります。ブランドバックの場合はクリーニング料金が高くなります。

上記のように、お店によってクリーニング料金が異なります。基本料金のみで作業に応じて料金がプラスされていく店もありますし、作業のすべてが料金に含まれている店もあります。

バックをクリーニングに出すときは、クリーニングの作業にどのようなものがあるか、確認しておかないと出来上がったときに、高額な料金だったということになるのでこの点に注意しましょう。

ブランドバッグのレンタルでしたら、利用後クリーニングせずに返送したら良いので、おすすめです。