不動産買取のメリットについて。

不動産買取には、買い主が不動産会社ならではのメリットがいくつもあります。

早く売却出来る上に早く代金が受け取れる

買取価格の話し合い次第になりますが、まとまれば、早く売却できる上、代金を受け取れるメリットがあります。

仲介時には、不動産を売却するのに最低でも3ヶ月は必須とされているので、時間的な余裕が必要になります。

しかし不動産買取であれば、買取を頼んでから、ご契約・お引き渡しまで最短1週間程度で完了させる事が可能です。管理人も、今あるマンションを不動産買取で売り、デザイナーズマンション 名古屋、デザイナーズマンション 東京などでデザイナーズマンションを探してみようとお思います。

仲介手数料がない

仲介を頼んで買い主との売買契約を交わすと、成功報酬として仲介手数料を不動産会社に支払わなければなりません。しかし、不動産買取では仲介手数料が一切発生しません。

不動産会社は、買い取った物件をリフォーム後、売りに出し、その売却益で利益を得る事を目的にしているからです。

仲介では、売り出し価格の設定や、空き家の状態で売りに出さない限り、内覧の対応は売り主自らがしなければなりません。

売り出し価格は、相場価格や需要といったあらゆる要素を加味した上で設定しなければなりません。

また、物件に興味を持ってくれている買い主が購入の決断が出来るように、内覧の対応をする際にはいくつか気を付けなければならないポイントがあります。

しかし、不動産会社による内覧は基本的に1度しかありません。なので、内覧にそこまでの気をつかわなくても問題ありません。

この様な販売活動の手間を省けるのが、不動産買取のメリットの1つです。

瑕疵担保責任を負わなくていい

不動産の売買では、瑕疵担保責任のトラブルがよく起きます。
瑕疵とは、本来持っているはずの機能を備えていない事です。

これは、暮らしていく上で差し支えのある欠陥がある事、例えば雨漏りや配水管のトラブルが該当します。

売却後、瑕疵担保責任が発生する期間中に瑕疵が認められると、その責任は売り主が負う事になりますので、修繕費や補修費を支払わなければなりません。

しかし、不動産買取では買い主が宅地業者なので、、瑕疵担保責任を負う事はありません。そのため、売却後に瑕疵が認められても負う義務は一切ありません。

不動産買取では早く代金を受け取れるため、売却後の使い道が決まっていれば、それに向けた資金計画が立てやすくなるメリットがあります。

また、瑕疵担保責任を負わなくて済みますし、仲介の時には買い主がローンを組めなくて売買契約がなかった事がまれに起きるケースも、不動産買取では発生しません。

代金を受け取りさえすれば、安心して資金計画を立てる事が出来るのです。